グラフ200417.png

4級

西洋美術・日本美術の基礎知識として、代表的な作品や作家を知る。

3級

西洋美術・日本美術の基礎知識に加え、動向や形式など美術史に関わる概念を理解し、歴史的な流れを知る。

2級

美術に関する幅広い知識を持ち、美術史に関わる様々な概念を理解する。また美術鑑賞の場の役割や現状を理解する。

1級<アートナビゲーター>

美術に関する幅広い知識・情報をもとに、美術作品や美術をめぐる動向について自身で解釈・思考ができる。

さらに他者に対し、作品のより深い理解へ導くための具体的なナビゲート(道案内)の方法や手段を考えることができる。

​→例題へ

美術検定の選択肢問題(4~2級)は、以下で構成されます。

 

・美術史問題:美術作品や作家、時代、様式、運動など美術に関する知識を問う。

知識・情報の活用問題:作品や資料など美術に関する情報から、総合的に判断・思考する能力を問う。

・実践問題(2級のみ):美術鑑賞の場の役割や機能、現状に関する知識を問う。

<合格の目安>

  • 4級・3級・2級の合格の目安は、正答率約60%です(受験者全体の解答率によって左右します)。

  • 2級は「美術史問題」「知識・情報の活用問題」で約60%、「実践問題」で約60%の正答で合格となります。

  • 1級は一定の基準に達すれば合格です。

公式テキスト

問題集

​副読本

美術検定2級問題集ー応用編-アートの知見を広げる.jpg
西洋・日本美術史の年表 一目瞭然! 美術の流れ.jpg

すべての級の出題範囲の典拠となる書籍はこちら!

カラー版西洋美術史.jpg
カラー版日本美術史.jpg

関連書籍-副読本に最適の一冊!

美術出版ライブラリー歴史編 日本美術史.jpg
絵でわかるアートのコトバ.jpg
仏像クイズ Q&Aとビジュアルで覚える基礎知識.jpg

一般社団法人美術検定協会
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-5-7 ヒルクレスト平河町1階
Email : info@bijutsukentei.jp 

​お問い合わせフォーム

※「オンライン試験」は、会場でのペーパー試験・CBT(コンピュータ)試験を提供する

(株)CBTソリューションズのサービスとは異なります。

2019年までの【受験サポートセンター】にはお問い合わせされませんようお願い申し上げます。


※お問い合わせ内容によっては回答さしあげるのにお時間をいただくこともございます。
  また、土日、祝祭日、年末年始、夏季期間は翌営業日以降の対応となりますのでご了承下さい。

All rights reserved The Art Certification Test Association